相場メモ 006

ビットコインは利確、というか限りなく損切に近い利確

本当に切りたかった場所で切りたかったが、一瞬で値が移動してしまい切れなかった。
で、結局だいぶ下がってしまったところで切ることになり、微益での撤退となった。
今回の件も含めて考えてみたところやはり、俺のビットコイントレードにおいての問題点は以下の通りである。

  • ビットフライヤーの逆指値が糞だから使えなくて人力監視
    • 疲れる・しんどい・眠い
    • 素早い動きに対応できないことがある
    • ミスる
  • 縦横斜め自分で引いたラインでの指値、逆指値のセットができない
    • 特定の値での指値は可能だがこのラインで、というような指値・逆指値

逆に言うと、この辺りが裁量トレーダーの弱点であるから、ここをツールでシステマティックにすることで俺のトレードに優位性を持たせることができる。っていうか何より自由な時間が増える。
ライントレードをサポートする半自動取引ツールを作ろう。

一時期は35万を超えていたものの、粘ってしまったためにここまで減らしてしまった。しょぼい

さてトレードの内容そのものについてであるが、切ったラインは間違っていなかったと思う。
問題は上のほうで利確するべきだったか、それともホールドしていて結果今回のように切るはめになってしまったのは正しかったのか、だ。
正直何とも言えないところがある。ここは上昇トレンドを形成するとしたらかなり底の位置であり、仮にこのまま上昇トレンド入りしたのであればかなり良い場所でポジれていることになる。あとは放置していいところまで行くのを待つだけである。
一方、デイトレード的な考え方だと十分な値幅を取れていたのだからさっさと利確してリスクフリーになっておくべきだった。そしてまた上昇を始めたらそこで入ればよかった。

ここで俺の判断の決め手になったのが、「でもビットフライヤーの逆指値使えないし」である。
本来、上のほうにひいた水平線を越えたら上がるだろうと思っていた。だからこのラインをベースに逆指値で入りたかった。
一方逆指値は使えず、人力監視では見逃してしまうこともあることから、上がる可能性結構あるし、ならばこのままポジションを持っていよう、と。
しかし本当なら一度切って上がった時に即座に買ったほうが、リスクとリターンで考えればよほど良かった。それができなかったのはシステマティックにそれができないからだ。結果ホールドするという判断になり、下落してしまって限りなく損切に近い利確となってしまった。

トレンドを根こそぎとるために大きく狙ったのは、俺は悪くないと思っている。大勝を狙うのは初心者の証とも言われるが、しかしこういったトレンド形成の初期段階になるかもしれないポイントでは積極的に狙っていくべきだと思う。なぜならもし成功した場合、大きなリターンを得られるからだ。ようするにスイング以上の目線で見た時リスクリワードが極めて良い。
しかし一方、リスクを極力落として、それでもトレンドを根こそぎ狙うということもできた。ただしそれを実行するには、チャートにへばりつくか、せめて信用できる逆指値注文が必要であった。
やはり、信用できる逆指値注文、ライントレードサポートのための半自動売買ツール、これがポイントだろう。

ビットコインの今後の見通しであるが、まだ上目線である。ただポジションをとるのは今は控える。あまり決め手にはるポイントが無い。フラフラしている感じなのでもう少し動意ができてから参入したいと思う。

為替は、新たにユーロドルをロングした。

三角持ち合いを上に抜けたような形になっているので、結構大きめの上昇が期待できるかもしれないとロングで2枚買った。
損切ラインは前回のスイングローよりやや下。今回の損切ラインは結構大きく幅を見ているのでやられると痛いのだが、それ以上のリターンが見込めるかなと思ったのでエントリー。
もっと長期でみてみるとそのトレンドラインをブレイクしたような形になっているので、それもあって期待を込めてやや強気の損切ライン設定である。
このリスクリワードに対する考え方が間違っていると、結局確率通りに収束するくらい取引をこなしたとき必ず負けてるということになってしまうので、間違っていないと信じたい。今回負けることが駄目なのではなく、エントリーの根拠、損切位置の根拠、こういったものが正しいかどうか、日記をつけていくことで後々わかってくるはずだ。
そのために書いているのだから。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮想通貨
相場メモ 011

今回は本当に糞of糞なトレードをしてしまった もう言葉にする必要もないが、まず買った位置が意味不明で …

仮想通貨
相場メモ 009

前回利確したユーロドルは、利確しなければさらに1円幅(円換算)くらいは手に入れられていた。 キエェエ …

仮想通貨
相場メモ 008

ユーロドルを利確 結局、微利確でやってはいけないに分類されるような利確の仕方であるけど、今回は本日夜 …