金のためにシストレを作ろう

金が欲しいからビットコインのシステムトレード(コンピュータによる自動売買プログラム)を作ろう。そうしてそいつに儲けさせよう。げへへ……しかしそう上手くいくなら誰しもそうやっているだろう。上手くいかないから世間にそのような夢のプログラムは出回っていないのだ。

しかし本当にそうだろうか?

実際問題、トレードで稼いでいる人は沢山いる。たまたま一発当てた人もいるだろうが、継続的にずっと稼ぎ続けている人もいるのである。なぜずっと稼ぎ続けられるのか?それはそこに法則があるからである。

法則があるなら、システムトレードにすれば稼ぎ放題ではないか。そうしたら世の中には稼ぎまくるシストレAIが沢山あってみんなハッピーなのでは?しかし現実問題としてそんなことはない。
それはある意味当たり前で、稼げるプログラムを作れたとしたら、それをそもそも売ったり公開したりする意味はないということ。そして稼げるプログラム(アルゴリズム)が広く知れ渡ったら、それはもう勝てるプログラムでは無くなってしまうということ。
従って、一般に普及しているシストレをゲットすれば稼げるウッハウハということは無いのである。

しかしそれはあくまで外から手に入れるシストレプログラムの話であって、自分で作ったプログラムの話ではない。もし自分自身がトレードに勝てているのであれば、それをそのままコンピュータ化して、自動実行させることによって人の手を煩わせることなく勝てるのではないか。いや、勝てる。勝てないはずがない。

ここで問題になるのは、人の思考をアルゴリズムとしてプログラムを記述できるかどうか、である。
我々人間の思考は非常に難しく、自分自身で言葉にできないのに、自分自身すらよく理解できていないのに、それを行うといった勘のような部分がある。投資の大部分は論理的に説明できるものがほとんどであるものの、しかしそれであればそのセオリーに従えば誰でも勝てる。
しかし皆が皆勝っているわけではない。むしろ勝っていない、退場する人間のほうが大多数だ。
そんな中で、少ないながら勝っている人間はいる。
しかしその勝ちに結ぶ成分が、言葉にできない勘のようなものであった場合、プログラムにするのは非常に難しい。

であるので、今まで何度も為替(FX)の自動売買プログラムを作ろうと思っては、やっぱやーめたメタトレ勉強するのかったり~とか言い訳して作ってこなかった。
また、そもそもメタトレーダー(EA)とかそういう既存のツールと汎用性のないオレオレ言語を使いたくない。プログラム書くならフルスクラッチでC++とかC#で完全に一から書きたいのだが、それには証券会社、取引所なんらかの受け口(API)を公開していなければならない。しかし株や為替ではそれを公開している会社は非常に少ない。(最近OANDAというところが為替のAPIを公開していると知って、やる気がムクムク起きてきたところである)
ビットコインの場合は、その成り立ちというか特性から来るものなのかもしれないが、ほとんどどこでもAPIを公開している。つまり一からすべて自分で作れると言うことだ。うむり。やる気がでてくる。

一方、フルスクラッチでプログラムを書けるとは言っても、では「勝つ」アルゴリズムってどんなんだ?という話になると結局、人の勘や才能なのか?とあきらめ気味だった。

しかしTwitterで稼いでいる人のリツイートとかをいろいろ巡っていると、主婦だったりサラリーマンだったり学生だったり、稼いでいる人が結構いる。億レベルはそこまで多くはないものの何百万、何千万と稼いでいる人ならざらにいる。ビットフライヤーの損益グラフ付きでツイートしている人が結構いる。

これ本当かよ?嘘だろ?どうせこれ嘘で俺に取引所の口座つくらせたアフィリエイトで稼いだり糞みたいなICOに参加させたりさせる気だろ?とか思うものの、実際に稼いでいる人のツイートを見ているとどうもまったくそのような気はない、ようするにマジっぽい、というのが多いのだ。

ここで悔しい、羨ましいで終わってしまったら凡人である。
俺は残念なスーパープログラマだ。負けるわけにはいかねえ。ちょっとビットコインで稼げたそこらの凡才に負けるわけにはいかんのだああああ!ドォオオオン!

まず、そのような勝ち方をしている人の損益グラフは綺麗なことが多い。右肩上がりの損益グラフということだ。
日でも月でも年単位でも綺麗なグラフをしている。上にいくか下にいくかわからない相場の世界で、こんな綺麗なグラフになる?という疑問。でも実際そうなのだから認めるしかない。そのように綺麗に右肩上がりになるということは連戦連勝しているということで、普通はありえない。ならば、これは繰り返し行える法則のあるものなのである。
そして一人二人ではなく結構沢山の人が稼いでいるという事実がある。結構沢山の人が行えるということは、それはたいして難しいことではなく、特定の天才しか持っていない勘のようなものではない。なんらかのパターン、偏り、ルールがある。

ならばプログラム化できるはずだ。

どうもツイートを見ていると、スキャルピングで稼いでいる人が多い。金額も似ている。大きな金額になると枚数はれないのでスキャルピングは不向きだが、ある一定金額まではスキャルピングで稼ぎやすいのだろう。だから似たような金額に収束していく。

為替ではあまりこのような人はいなかった。なのにビットコインには沢山いるのだ。なぜビットコインに多くて為替に少ない?
ビットコインは短期間に3000円、4000円(為替の30銭40銭に相当)動くことなどざらにある。為替ではなかなかこない波が一時間に一度二度とあるのである。もっと動くこともよくある。そういう波を取っていけるから勝てるのではないか?ようするに短期のうちに高いボラティリティがあるからスキャルピングで勝てるという仮定。
そして単にボラティリティがあるだけではそれで連戦連勝するのは難しい。連戦連勝できるということはその波にパターンがあるのではないか。同じような感覚で取れる波が幾度となくやってくる。だからこそ連戦連勝できる。そう考えるのが自然である。

だから、そのような波を見分けて取るプログラムをつくればよいのだろう。自力でやるには時間と精神力が必要だが、スーパープログラマの俺にはそんなものは必要ない。必要なのはパソコンとVisual Studioだけだ。

ようしやるぞう!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

仮想通貨
相場メモ 011

今回は本当に糞of糞なトレードをしてしまった もう言葉にする必要もないが、まず買った位置が意味不明で …

仮想通貨
相場メモ 009

前回利確したユーロドルは、利確しなければさらに1円幅(円換算)くらいは手に入れられていた。 キエェエ …

仮想通貨
相場メモ 008

ユーロドルを利確 結局、微利確でやってはいけないに分類されるような利確の仕方であるけど、今回は本日夜 …